婦人

nlpプラクティショナーの資格を取得するならセミナーを受講しよう

ストレス社会に必要な仕事

カウンセリング

最近は心理カウンセラーという仕事の重要性が認識されつつあります。心理カウンセラーというのは心に悩みを抱えている人の話を聞いて、その人が自分で立ち直れるようにサポートする仕事です。現代のようなストレス社会で最も必要とされている仕事です。心理カウンセラーの仕事に向いている人の特徴というのがあります。1つは聞き上手な人です。カウンセリングでは患者の悩みを聞くことから始まるので、話を聞いてあげることが重要になります。話を聞きながら、解決のヒントになる部分を探り出す必要があります。もう1つの特徴は、自分自身が成長する意欲がある人です。患者とのカウンセリングを通して自分自身も成長するという意識を持つことが大事です。これらの特徴を備えている人なら、良い心理カウンセラーになれます。

心理カウンセラーには色々な種類があります。人の悩みの数だけあると言っても過言ではないのです。いくつかの例をあげてみると、産業カウンセラー、臨床心理士、スクールカウンセラー、認定心理カウンセラーなどがあります。心理カウンセラーになるには資格が必要ですが、専門の学校へ通って勉強する必要があります。大学の心理学部でも勉強できますし、専門学校もあります。進学する先によって取得できる資格が違うので、あらかじめよく調べておく必要があります。例えばスクールカウンセラーになるには臨床心理士や精神科医の資格が必要になります。そのためには大学および大学院までいって勉強することになります。また通信講座でも資格取得を目指すことができます。